カテゴリ0の固定表示スペース

    カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ1の固定表示スペース

    カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    カテゴリ2の固定表示スペース

    カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
    テンプレート使用時に削除してください

    「■ウエストのくびれを作る方法 」カテゴリ記事一覧


    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    よくあるダンベルやマシーンを使ったトレーニングとは違い
    各関節を最適化し、体型を変化させることに特化したメソッド。
    美しイボディライン、楽に動かせる身体をつくるための
    『身体の使い方』をお伝えしていきます。

    札幌  体型変化専門
    骨格ボディメイクトレーニングサロン
    Bodydesignsalon-Style-
    http://www.bodymakesapporo.com/

    腹横筋の筋長・筋力・筋持久力と美くびれの関係性

    こんにちは!
    札幌で、骨格ボディメイクトトレーナーとして活動している岩崎美也子です。
    ブログを更新するのは久しぶりなのですが、今日は腹横筋について書いてみたいと思います。

    腹横筋は、体幹部の「インナーユニット」で、体幹を安定させる重要な役割をしています。


    トレーニングでよくあるのが、腹横筋の収縮が鈍いパターン。
    トレーニングを始めたばかりの人はもちろん、長年続けて下さっている方でも収縮の鈍さを感じることがあります。

    女性の場合、月経周期によって排卵日から生理期間の間に鈍くなるパターンも多いなと現場では感じています。
    (これはホルモンバランスなどの要素によるものでしょう)

    体幹部のインナーユニットについては、トレーニング方法として主に「ドローイン」と「ブレーシング」があります。
    ウエストのくびれを綺麗に作りたいなら、「ドローイン」がお勧め。

    「ブレーシング」だと、その人の骨格分類によっては、ウエストがくびれずに土管のようになってしまう場合も…

    トレーニングでは、ドローインで大事な腹横筋は、セルフチェックでしっかり収縮感覚を身につけてもらうようにしています。
    やり方としては、ウエストを触って骨盤底筋を締めながらおへその下の下腹をそっと凹ますようにします。

    ウエストが締まってくるのを手で感じられたら、うまく収縮できています。

    ほんの少しの締まり具合なので、意識を手に集中して、ゆるめた時と締めた時の差を感じるようにします。
    何度かやっていると、その収縮感覚がわかるようになってきます。
    腹横筋は、繊維が横に走っていて、筋腹が体側にあるので収縮感は体側に出てきます。


    これを、仰向けでチェックして、できたら立位でも収縮。

    日常生活でも意識するだけで、伸びていた筋長が短くなり、ウエストがくびれてくるのを実感できます。
    腹横筋の収縮が鈍いな、と感じるクライアントには、この腹横筋の収縮ワークをじっくり取り組んで、収縮したままキープして動くエクササイズをしてもらうことで、ウエストに劇的な変化と、体幹が安定するので身体がとても動かしやすくなる効果があります。
    さらに日常でも意識することで、腹横筋のトレーニングをしていることになりますね。

    自分の身体を重力に対して支えることができるだけの筋力と支え続けられる筋持久力をつけていくことが重要です。

    下腹ぽっこりにお悩みの方は、腹横筋の筋長が長く伸びてしまっているので、ぜひ収縮エクササイズを日常に取り入れてみてくださいね。
    筋長が整い、自分の身体を支えるだけの筋力、そして崩れない筋持久力がついてくると、一生ものの美くびれ完成です!!
    スポンサーサイト
    よくあるダンベルやマシーンを使ったトレーニングとは違い
    各関節を最適化し、体型を変化させることに特化したメソッド。
    美しイボディライン、楽に動かせる身体をつくるための
    『身体の使い方』をお伝えしていきます。

    札幌  体型変化専門
    骨格ボディメイクトレーニングサロン
    Bodydesignsalon-Style-
    http://www.bodymakesapporo.com/

    ウエストのくびれを作る方法②~番外編 黄金比率について紹介しているサイト~

    こんにちは!
    札幌で、美姿勢・美脚 ボディメイクトレーナーとして活動している岩崎美也子です。

    前回記事で、美しくみえる身体の指標「ゴールデンカノン(黄金比率)」とボディメイクのポイントをお伝えしました。
     http://385style.blog37.fc2.com/blog-entry-178.html

    記事内で指標値としてご紹介させていただいたのは、下着メーカーのワコールさんが30年間に渡って日本女性のカラダの実測データとボディ意識の調査データに基づき算出した値です。

    ◆ワコールさんHP「KNOWREDGE」より「ゴールデンカノン 美しさのバランス」のページ
    http://www.wacoal.jp/sight/knowledge/html/k0800.html

    ワコールHP 
    他にも、黄金比率について書かれているページはたくさんあるのですが、その中から監修者の方がしっかり掲載されているサイトをふたつほど紹介させていただきたいと思います。

    ◆こちらのYahoo! BEAUTYの「プロポーションチェック」は、身長と体重を入力すると理想値を計算してくれる機能が付いてます!
    http://diet.beauty.yahoo.co.jp/proportion/

    プロポーションチェック 

    ◆All about ビューティー
    【痩せた!と言わせるボディの「黄金比率」】
    http://allabout.co.jp/gm/gc/49009/

    こちらのページはワコールさんの黄金比率の基準値をもとに解説されていますが、監修の方の文章の表現が変わるとまた理解も深まりますよね^^
    2009年のミス・ユニバース日本代表に選ばれた宮坂絵美里さんは、世界に通用する理想的なメリハリボディを手に入れるためにあえて体重を5kg増やした、というエピソードと宮坂さんの体型と黄金比率についての解説も書かれています。

    Allabout ビューティー 

    身体が美しく見えるバランス、ゴールデンバランスについては様々なサイトで紹介されており、それぞれ多少の数値の違いはあるものの、これらの数値が言いたいことは細かい数の計算ではありませんよね。

    「体重が少なければ綺麗になれる」
    「ウエストが細ければスタイルがよい」

    という単純なものではなく、「全体のバランスが整ってこそ美しく見える」ということを伝えたいのではないでしょうか。

    美術科卒のボディメイクトレーナーとしては、クライアント様の身体をデザインする上で、今後も重視していきたいポイントのひとつです。

    ここまで読んでいただいてありがとうございます!

    札幌 美姿勢・美脚 ボディメイクトレーナー 岩崎美也子







    よくあるダンベルやマシーンを使ったトレーニングとは違い
    各関節を最適化し、体型を変化させることに特化したメソッド。
    美しイボディライン、楽に動かせる身体をつくるための
    『身体の使い方』をお伝えしていきます。

    札幌  体型変化専門
    骨格ボディメイクトレーニングサロン
    Bodydesignsalon-Style-
    http://www.bodymakesapporo.com/

    ウエストのくびれを作る方法②~黄金比率とくびれ作りのポイント~

    こんにちは!
    札幌で、美姿勢・美脚 ボディメイクトレーナーとして活動している岩崎美也子です。

    前回記事では、ウエストのくびれには美しく見える基準値ゴールデンカノンという数値があることをご紹介しました。

    今回は実際のゴールデンカノン、黄金比率の数値と見た目を検証していきたいと思います。

    ウエストからそれぞれの理想値を表にまとめてみました!
    以下は自分で測りやすい周計(ぐるっとひとまわり)の理想値の表になります。
    まずは、ウエスト、バスト、ヒップのサイズを測っていただいて
    ウエストを基準にこの数字にあてはめてみます。

    黄金比率1

    ちなみに・・・私のウエストは「62」です。
    なので、理想値としては「バスト80.6」「ヒップ86.8」となります。
    実際の数値は、「バスト81」「ヒップ86」でした。
    身長は165センチです。

    背中セピアテクスチャ1 

    では、正面からみたサイズの検証を・・・

    トルソバランス図のみ 
    これがゴールデンカノン(黄金比率)の基準値

    私は正面から見たときの「ウエスト幅23センチ」でした
    (これはやってみると意外と測りづらくて誤差が出やすいので目安として見てください)

    ■正面■
    「肩幅 39」 (理想値 36.8)
    「バストトップ幅 15」 (理想値 18.4)

    「ウエスト幅 23」
    「ヒップ幅 32」 (理想値 32.2)

    肩幅がやたら広くて、バストトップ幅が狭いのがわかります(--)

    ■横■
    「バスト横幅 18」(理想値 18.2)
    「ウエスト横幅 14」
    「ヒップ横幅 19」(理想値 18.2)
    (横幅は自分で測るとさらに測りづらい・・・)

    ということで、私の場合、ゴールデンカノン(黄金比率)にあてはめたときに解った身体の特徴として、

    『肩幅が広いこと』

    がよくわかりました。
    こんな感じでしょうか?↓
    なんだか男らしい体型ですね(ーー)
    私のトルソバランス 

    これを算出する時に、もうひとつ大事な比率があります!!
    図を見て頂けると記載されているもうひとつの比率!

    トルソバランス図のみポイント 
    ピンクで示したこの比率です↑
    肩、バストトップ、ウエスト、ヒップの間隔のバランス。
    これを外して考えてしまうと、「数値的には理想でも、見た目には綺麗に見えない」という落とし穴にハマってしまいます。


    私のバランスは・・・こんな感じでした。
    ■パーツバランス■
    全長 肩~ヒップ横幅ライン 約59センチ
       肩~バストトップライン 19センチ
       バストトップライン~ウエストライン 19センチ
       ウエストライン~ヒップ幅ライン 21センチ(理想値 22.8)

    これが肩が内側に入っている、いわゆる猫背のひとならどうでしょう?

    wmn0024-022_s_20130612224828.jpg 

    肩が内側に入って胸が下がることで、肩~バストトップラインは広くなりますし、バストトップからウエストラインは狭くなりそうです。 

    猫背 
    この、「肩」と「バストトップ」、「ウエスト」「ヒップ」のバランスは、そのまま骨格のバランスとなります。
    「肩」「バストトップ」⇒肋骨
    「ヒップ」⇒骨盤
    そして、「ウエスト」が「くびれ」となります。
    なので、肋骨(胸周り)と骨盤のバランスが悪いと、美しく見えないということが解ります。

    18451371_s.jpg 

    美しいくびれを作るようなボディメイクをする際には、まずは身体の特徴を知り、屋台骨である骨格(肋骨まわり、骨盤)を整え、それぞれのバランスを確認しながら進めていくことが有効です。

    ヒップは、骨盤を締める筋肉たちを活性化し使えるようにすることで小尻に、そして後ろに立体的に丸みをつける筋肉を刺激して形よく整えることができます。
    バストは、土台である肋骨をあるべき位置に持ってくることで肩甲骨も整え、デコルテから乳房にかけて美しいラインを作ることができます。

    そしてウエストの骨のない部分(実際には腰の背骨がありますが)を、覆って骨盤と肋骨周りを繋いでいる体幹の筋肉を活性化することで、くびれは出来てきます。

    ここまで、美しく見える身体の基準値「ゴールデンカノン(黄金比率)」と実際の数値を比較、検証、そこからくびれを作るポイントをお伝えしてきました。
    この基準値を通して、自分の身体を知ることからぜひはじめてみてください^^
    自分の身体に対して意外な気付きがあるかも?
    その気付きを深めることが、自分を磨くことにつながるのではないかなと思います。

    次回以降は具体的な、「くびれの仕組み」をご紹介していきます。

    ここまで読んでいただいてありがとうございます!

    札幌 美姿勢・美脚 ボディメイクトレーナー 岩崎美也子

    よくあるダンベルやマシーンを使ったトレーニングとは違い
    各関節を最適化し、体型を変化させることに特化したメソッド。
    美しイボディライン、楽に動かせる身体をつくるための
    『身体の使い方』をお伝えしていきます。

    札幌  体型変化専門
    骨格ボディメイクトレーニングサロン
    Bodydesignsalon-Style-
    http://www.bodymakesapporo.com/

    ウエストのくびれを作る方法!①~美しいくびれの基準値「ゴールデンカノン」~

    こんにちは!
    札幌で、美姿勢・美脚 ボディメイクトレーナーとして活動している岩崎美也子です。

    この記事を読んでいる方は少なからず、ウエストのくびれに興味がおありかと思います。

    「キュッと引き締まった腰つき」

    なんて文章もありますが、「くびれ」という言葉は何を指すのでしょうか?

    くびれ【▽括れ】

    国語辞典 -大辞泉- より
    中ほどが他のところに比べて細くなっていること。また、その部分。

    国語辞典 ―大辞林― より
    中ほどで細くせばまっていること。また、その部分。









    『中ほど』っていうのはヒトの身体の全体からにすると「胴回り」でしょう、
    なので「胴回りの細くなっているところ」 という感じでしょうかね。

    つまりは『ウエストのくびれ』

    ウエストの細くせばまっているところ・・・

    ・・・・・・・・細く・・・・・
    cdf0643e34e6806516cc16b4b660e786.jpg 

    いやいやいやいやいや!!!
    これは確かに「くびれ」ているけど、魅力的な感じでは無いような気がします(><)

    ではこの方はどうでしょうか???
    angelina-jolie-wallpae-0109.jpg 
    最近、話題のアンジェリーナ・ジョリー!

    この写真をみてもとても素敵なボディライン!そして美しい「くびれ」!
    アンジーのウエストサイズってどれくらいだと思いますか??
    そもそも、くびれている人のウエストって何センチくらいをイメージしますか??

    ちょっと調べてみたところ、アンジーの3サイズ。

    バスト36インチ(91.44cm)Cカップ

    ウェスト27インチ(68.58cm)
    ヒップ36インチ(91.44cm)

    意外と、ウエストは68センチあるんですね!
    ちなみに身長は173センチとのこと。

    数字だけみると、細い!というイメージは抱かないと思います。
    でもでも!

    これ!!
    203261.jpg 
    やっぱり素敵な「くびれ」です!

    何が言いたいかというと、「美しいくびれ」はただ細いだけではなく、
    全体のバランスが「くびれ」をより際立たせるということです。

    そして、人が見たときに美しいと感じるくびれのバランスには、法則があるようです。
    下着メーカー「ワコール」のホームページに、
    「ゴールデンカノン(黄金比率)」という言葉がありました。

    ゴールデンカノン  


    スタイルが良い、魅力的に見える身体は、ゴールデンカノンというバランスが
    関係するようです。
    では、「美しいくびれ」のバランスをみてみたいと思います。


    トルソバランス 

    正面 ウエスト1 肩幅1.6 ヒップ1.4
    側面 ウエスト1 バスト1.3 ヒップ1.3

    周計比率 ウエスト1 バスト1.3 ヒップ1.4

    アンジェリーナジョリーの美しいくびれは、この黄金比率に限りなく近いことがわかります。

    ウエストは68センチでも、この黄金バランスに当てはまっていると見た目に「美しいくびれ」となるわけです。

    では、わたしたちはどうでしょうか?
    「くびれが欲しい!」と望んでいるかた、実際どれくらい「くびれ」たら自分のカラダに
    納得できるでしょうか?
    もちろん個体差はあると思いますが、この比率に近づけるようにボディメイクすると見た目に美しいくびれが手に入れられそうですね!

    ではまず自分の「肩幅」、「ヒップ」をチェックしてみますか!!
    そして、そこから「美しいくびれの基準値」ウエストの理想数値を出してみましょうか!

    ・・・・・でもちょっと待って!!
    チェックするときに気をつけたいポイントがあります!
    落とし穴にハマらないポイントをお伝えしつつ、実際に「美しいくびれの理想値」を算出していく、というところを次回記事では書いてみたいと思います^^

    ここまで読んでいただいてありがとうございます!

    札幌 美姿勢・美脚 ボディメイクトレーナー 岩崎美也子


    よくあるダンベルやマシーンを使ったトレーニングとは違い
    各関節を最適化し、体型を変化させることに特化したメソッド。
    美しイボディライン、楽に動かせる身体をつくるための
    『身体の使い方』をお伝えしていきます。

    札幌  体型変化専門
    骨格ボディメイクトレーニングサロン
    Bodydesignsalon-Style-
    http://www.bodymakesapporo.com/
    (この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
    プロフィール

    miyako.

    Author:miyako.



    1977年生まれ
    札幌在住

    美姿勢・美脚
    ボディメイクトレーナー

    札幌 美姿勢・美脚
    骨格から身体を整える
    体型変化専門トレーニング
    Bodydesignsalon-Style-主宰

    http://www.bodymakesapporo.com/


    中学生小学生2女児の母
    自身の妊娠・出産経験を
    通じて女性のライフサイクル
    ボディサポートにも
    力を入れています

    .
    festisite_facebook (2)

    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。